PSO2 エンペ・エンブレイスを使わずに新世武器を強化する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 9

エンペが全然出ないのでエンペに頼ってるとこの先武器強化出来ないんじゃないかと思い、wiki見ながらコモン、アンコモン武器使って強化してみました。

自分が試したものだけ紹介。

☆13+30までエンペを使った場合の費用

比較用にまずエンペのみ。

☆12素材5個、ラムグラ5個でやる方法

☆12にエンペ食わせて☆12+26(4個)、☆12+20(1個)作り、☆13に☆12を食わせれば☆13+30が作れます。

  • ☆13+1~10=☆12+26(1個)
  • ☆13+10~20=☆12+26(1個)、☆12+20(1個)
  • ☆13+20~30=☆12+26(2個)

☆12+26作成費用

エンペ(同種ボーナスなしのEXP130)でやった場合、☆12+26までに必要なEXPが3760なので3760/130=28.9。

1個分足りないのでエンペは29個。

☆7~9の強化費用が16,000なので☆12+26作るには(29*16,000)=464000メセタ必要。

☆12の潜在解放が2回あるので(35,000*2)=70000。

合計464000+70000=534,000メセタ。

☆12+20作成費用

☆12+20作るのに必要なEXPが2,500。

2500/130=20(19.2)

(20*16,000)=320000

☆12潜在解放1回35,000

320000+35,000=355,000。

素材作成費+☆13+30までの強化費

(534,000*4)+355,000=2,491,000メセタ。

☆12を☆13に合成すると35,000+(35,000*2)+(35,000*2)+☆13潜在解放(100,000*3)=475,000メセタ掛かるので、2,491,000+475,000で2,966,000メセタになります。

wikiのコスト一覧は潜在解放費用が含まれてないので2,666,000になってます。

☆12素材3個、ラムグラ3、大成功100(2個)使う方法

☆12にエンペ食わせて☆12+26(1個)、☆12+30(1個)、☆12+30.9(1個)を作り、☆13に☆12を食わせれば☆13+30が作れます。

  • ☆13+1~10=☆12+26(1個)
  • ☆13+10~20=☆12+30(1個)、大成功100
  • ☆13+20~30=☆12+30.9 or 12+30エンペ付き、大成功100

☆12+26=534,000メセタ。

☆12+30=646,000メセタ。

↑4600/130=36(35.3) (36*16000)+(35,000*2)=646000。

☆12+30(エンペ付き)=646,000。

534,000+(646,000*2)+(35000*3)=1,931,000。

ここに☆13の潜在解放代が掛かるので1,931,000+300000=2,231,000メセタ

☆12+30(エンペ付き)の特殊付与費用は入ってません。

また☆12+30(エンペ付き)は☆12+30.9でも平気ですが、エンペ1個分強化費用が増えるので2231000+16000=2,247,000メセタになります。

☆13+30まで☆1~3+30を使った場合の費用

☆12素材5個、ラムグラ5個でやる方法

エンペに比べるとメセタの消費が多いです。

やり方はエンペと一緒。

+30を作るのに同名武器が12個必要なので(12*強化費用2000)+潜在解放2回(2000*2)=28,000メセタ。

☆1~3+30を合成すると基本EXP+累計EXPの半分が貰えるので((27*12)/2)+2で164EXP入ります。

☆12+26作成費用

3760/164=23(22.9)

  • ☆1~3+30(23本)の作成費用(28,000*23)=644000
  • ☆12に食わせる費用(2000*23)=46000
  • +☆12の潜在解放代(35000*2)=70,000

644000+46000+70,000=760000

☆12+20作成費用

2,500/164=16(15.2)

  • ☆1~3+30(16本)の作成費用(28,000*16)=448000
  • ☆12に食わせる費用(2000*16)=32000
  • +☆12の潜在解放代(35000)=35,000

448000+32000+35000=515000。

素材作成費+☆13+30までの強化費

(760,000*4)+515000+475,000=4,030,000メセタ

☆1~3+30を☆13に直接食わせる方法

ラムグラの消費は多くなりますが☆12作成するよりこっちの方が安いです。

そのまま☆1~3+30を強化したい☆13武器に食わせます。

☆13+30までの必要EXPが9200。

9200/164=57(56.0)

(57*28,000)+(2000*57)+300000=2,010,000メセタ。

☆1~3で☆12素材を作る方法

★1~3NT武器に同名武器を2本合成して+10を作り、同じ武器種に合成するとボーナス込みで経験値34となる。(合成費用6,000メセタ)
例:獲得強化EXP34 / 総費用6,000 = 5.6EXP/kメセタ
★12同名武器並みのコスパになるが獲得強化EXPが少ないため、大量に用意する必要がある。

引用元:「素材(エンペ・エンブレイス)に関する基本的な情報

wikiに書いてある通りこのやり方でやると+30で☆12作るよりは若干コストを抑える事が出来ます。

EXP34は((27+27)/2)+2+5。

強化ボーナス+基本EXP+素材ボーナスです。

☆1~3+10を☆12に食わせて行きます。

☆12+26作成費用

3760/34=111(110.5)

  • ☆1~3+10作成費用(4000*111)=444000
  • ☆12に食わせる費用(2000*111)=222000
  • +☆12の潜在解放代(35000*2)=70000

444000+222000+70000=736000。

☆12+20作成費用

2500/34=74(73.5)

  • ☆1~3+10(74本)の作成費用(4000*74)=296000
  • ☆12に食わせる費用(2000*74)=148000
  • +☆12の潜在解放代35000=35000

296000+148000+35000=479000。

素材作成費+☆13+30までの強化費

(736000*4)+479000+475,000=3,898,000メセタ

☆1~3+30で☆12素材作るより132,000メセタお得です。

このやり方ならフォトンドロップも消費しません。

同じ武器種に食わせる事が重要なので、もしヴィタTマシンガン-NT+10を作って☆12に食わせる場合、

  • ノクスシャリオ
  • イーグルフリント-NT
  • ヒストリカ

に食わせる必要があります。

倉庫圧迫するし整理が大変ですが、ラムグラ+メセタ+フォトンドロップを抑えたいって人はこっちの方がいいかも知れません。

☆13+30まで☆4~6+30を使った場合の費用

☆12素材5個、ラムグラ5個でやる方法

☆4~6+30を作るのに同名武器が14個必要。

☆4~6+30は((35*14)/2)+5でEXP250だと思ったんですが、どっかでEXPが溢れてる?のか貰えるのは242EXPです。

wikiにも書いてあるし実際作ってみても242でした。

何で242なのか結局わかりませんでした(_ _;)

☆12+26作成費用

3760/242=16(15.5)

☆4~6+30は(4000*14)+潜在解放2回(4000*2)=64000

  • ☆4~6+30(16本)の作成費(64000*16)=1024000
  • ☆12潜在解放代(35000*2)=70000

1024000+(4000*16)+70000=1158000。

☆12+20作成費用

2500/242=11(10.3)

  • ☆4~6+30の作成費(64000*11)=704000
  • ☆12潜在解放代35000

704000+(11*4000)+35000=783000。

素材作成費+☆13+30までの強化費

(1158000*4)+783000+475,000=5,890,000メセタ

☆4~6+30を☆13に直接食わせる方法

こちらもラムグラの消費が増えますがメセタの消費を抑えられます。

9200/242=39(38.0)

  • ☆4~6+30作成費 39*64000=2496000
  • 本数*合成費 39*4000=156000
  • ☆13の潜在解放代 100000*3=300000

2496000+156000+300000=2,952,000メセタ

☆4~6で☆12素材を作る方法

☆1~3と一緒で☆4~6+9で合成すると+30で12素材作るよりコストを抑えることが出来ます。

☆4~6+9を同武器種に合成するとEXP45。

☆12+26作成費用

3760/45=84(83.5)

  • ☆4~6+9(84本)の作成費用(8000*84)=672000
  • ☆12に食わせる費用(4000*84)=336000
  • +☆12の潜在解放代(35000*2)=70000

672000+336000+70000=1078000。

☆12+20作成費用

2500/45=56(55.5)

  • ☆1~3+10(56本)の作成費用(8000*56)=448000
  • ☆12に食わせる費用(4000*56)=224000
  • +☆12の潜在解放代35000=35000

448000+224000+35000=707000

素材作成費+☆13+30までの強化費

(1078000*4)+707000+475,000=5,494,000メセタ

+30で12素材作るより396000メセタお得です。

こちらも☆1~3同様、同じ武器種に合成する必要があります。

まとめ

上記の内どのやり方がいいのか?ってなると、一番はやっぱりエンペだと思います。

頭使わなくて済むしラムグラもメセタもそんなに掛かりません。

ただそのエンペが落ちないし、現状エンペなしだとしたら☆1~6のヴィタ系が集めやすいと思うのでヴィタ系作って色々試してみました。

これはメセタ抑えたいか、ラムグラ抑えたいか人によって変わると思います。

プレイスタイル次第。

私はメセタ抑えたい+細かい作業が面倒くさかったのでとりあえず拾った☆1~6の同名武器を+30になるまで重ねて、+30になった物からどんどん☆13に食わせてました。

☆1~3、☆4~6混ぜてやってるのでメセタ・ラムグラの消費はその都度変動しますが、このやり方だとメセタ2,952,000以上、ラムグラ57個以上消費する事はありません。

どちらかと言うと+30素材を使う場合はメセタ・ラムグラよりフォトンドロップの方がきついです。

フォトンドロップはマイショかEトラ報酬でしか入手出来ないので。

ラムグラは最近わりと入手しやすいし、ジグのCOで1週間にキャラ数*11個入手出来るのでそこまできつくないと思います。

なので個人的には倉庫も圧迫せず頭もあまり使わずに済むのでラムグラ使うやり方がお得かなと感じました。

EXPの計算方法がある程度わかれば自分に合う強化方法が見つかると思うので、wikiのコスト一覧見ながら自分に合った強化方法探すのが一番良いと思います。

計算ミスったりしてたらすいませんm(__)m

参考になれば幸いです。

また何かあれば書きます。

ではでは。

スポンサーリンク
ランキング参加しました。応援お願いします。
  • にほんブログ村 ゲームブログ ファンタシースターへ
  • ファンタシースターオンライン2・攻略ブログ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存